ライフスタイル

チャイの想い出

東京に住んでから、近所に素敵なご夫婦が営むチャイのお店があり、好きでよく通っている。
濃い目に煮出したミルクティーに、研究を重ねて出来上がった、オリジナルのスパイスを加えた1杯が美味しい専門店だ。
ご夫婦が素敵な方だからかスパイスが良いからか分からないが、お店に行く度に元気になる。多分、両方があるからだ。チャイを飲むと、初めての海外旅行で1人で訪れたサンフランシスコのことを思い出す。

 

13時間にも及ぶフライトで体は疲れているはずなのに、そんなことなど微塵にも思わなかった。初めての異国の地に興奮していたからかもしれない。
空港からBART(バート)と呼ばれる電車に乗って都心部に向かう。
僕は、中心地のパウエルに降り立った。日本とは違う風が頬をなでる。僕とは肌の色が違う人たち。当然、日本語なんか聞こえない。当たり前だけど、自動車は右側通行だ。ワクワクした気分にしばらく浸っていたが、今日お世話になるシェアハウスに行かねばならない。でも、どのバスが最寄りまで行くか分からず、あたふたしていた。

 

すると、道端に1台のワゴンと大きなビーチパラソルが開かれた何かがある。近づいてみると、チャイを売る露店だった。
120oz(約360ml)・3ドル30セント。パラソルの下に立ってチャイを売っている1人の女性は褐色の肌をしていて、話を聞くと、インドから移住してきたのだそうだ。
1杯お願いする。あらかじめ作ったものを魔法瓶で保温しておき、そこにスパイスを加えただけのものだった。濃くて甘いミルクティー。そして、キツイくらいのスパイスの香り。
今思うと、本当に美味しかったかどうかわからない。でも、初めての異国の地で笑顔が素敵な褐色の肌の女性が作ったそのチャイは、束の間の安心とあたたかさを僕にくれた。

 

東京で、同じようにチャイをいただく。香りを嗅ぐ。スパイスの香りがほのかに漂う。そして、甘くて濃いミルクティー。
そして気づいた。この香りと味によって、僕の旅が始まったんだと。そう思いながら、あの日のことを1人思い出していた。

 

今回、紹介したお店。

https://lifespiceshop.com/

 

ABOUT ME
アキラ
アキラ
管理人のアキラです。 サイトタイトルの『ライフスタイルマガジン』を雑誌だと間違えてしまった方は、ごめんなさい。 「人生とは一冊の雑誌のようなものだ」 サイトのタイトルを考えていた頃、ふとこんなことを思いました。 人にはそれぞれ、様々なライフスタイルがあり、就職や結婚などのライフステージがあります。それらから得た経験や情報をまとめてできあがるものは、まるで一冊の雑誌のようだと感じたのです。 ならば、自分のライフスタイルという情報を、ブログを通じていろんな方に届けられたらいいなという思いで、ライフスタイルマガジンという名前のサイトを作ることにしました。 読書やCDが好きなので、それらの紹介など、皆さんの暮らしをワンランク豊かにできるような情報を書いた記事。そして、これまでのライフステージで経験した話、気づきや学びなどを記事にして発信していこうと思います。 今までと変わらず、気まぐれにいろんなことを書いていこうと思います。 更新頻度はそこまで高くない?かもしれませんが、自分のペースで続けていこうと思います。 あなたの暮らしに、少しでも当サイトがお役に立てますように。 それでは、ライフスタイルマガジンをどうぞお楽しみください!