転職

転職の相談をしたらウワサが社内に知れわたった時に学んだ教訓について

転職の相談誰にする?

大学を卒業し就職した会社には「とりあえず3年」なんて世間は言うけれど、転職をしたくなる気持ちに社会人の経験年数は関係ないと、僕は思っています。
なぜなら、僕自身が社会人1年目の冬に新卒入社の会社を退職しているからです。

その時、僕は大多数から反感を買った状態で退職しました。
その理由は「1年目なのに会社を辞めると言っているヤツがいるらしい」というウワサが、1000人近くいる会社内であっという間に広がってしまったからです。

転職を考える人のほとんどは、円満退社を望んでいることでしょう。
しかし、僕はそれができませんでした。
今回は転職のタイミングで学んだ様々な教訓についてお伝えしていこうと思います。

 

転職の相談先を間違えないようにする

転職を相談する人たちを間違えないことは大切だと思います。
ここでは、転職の相談をして僕が後悔した人たちとその理由を書きます。
「当たり前だろ!」と思われそうですが、僕の昔話だと思って読んでください。

職場の上司

上司といえば、勤続〇〇年の社員として長い間、会社を支えている先輩ばかりです。
そのような方々に転職の相談をしても、実は何の意味もありません。
その理由のヒントは『勤続』という言葉にあります。

これまで、一つの会社に何十年も勤めてきているからには、少なからず会社に対して、何かしらの良いイメージを持っている場合がほとんどです。
イメージとは例えば何でしょう?

給与やボーナス等の待遇面や、残業の少なさ、充実した福利厚生といった働きやすさの面からなどでしょうか。
おそらく、それは人によって様々だと思います。

『転職』という言葉に縁が無い上司たちにとっては、転職すること自体ワケがわからないと思っている方しかいません。
上司への転職話は、時間そのものが無駄になってしまいかねないのです。

同期

同期への相談も控えましょう。
ウワサ好きばかりですし、ペラペラと他の同期に話してしまうからです。
特に経験年数が浅い場合は、変な連帯感で結びつきが強いため、注意が必要です。

僕の経験では、信頼していた同期に相談したところ、その同期が研修先の上司に話してしまい、いろんな部署にウワサが広まったことがあります。
言い方は悪いですが、転職を考えている時点で、同期とは壁ができています。

変に相談せず、自分の中で解決していくか、会社とは関係ない人に相談していくほうが無難です。

人事

社員が辞めるということは、人事にとっては頭が痛くなる出来事です。
なぜなら、社員の採用にもかなりのコストがかかっているからです。
例えば、新卒の採用は1人当たり50~60万円のコストがかかると言われています。

そう考えると、長く働いて会社に貢献してもらおうと思って採用したのに、すぐに辞められてもらっては困るのです。
「今辞めても意味が無い」「これから後悔するだけ」のような言葉で説得されます。

しかも、人事は社員の労務面も管理している場合が多く、給与の査定や社内評価の統括を任せている会社がほとんどのことでしょう。
『人事への転職相談=やる気のない社員』というレッテルを貼られてしまうのです。

 

結局のところ誰に相談すべきか?

転職で悩んでいる方は、誰に相談すべきか分からない場合も多いのではないでしょうか?
一番近いところにいる上司や同期に相談しても無駄ですし、家族に相談しても否定されるだけかもしれません。

転職に必要な履歴書と職務経歴書
転職の相談は人選びが大切!経験から分かった7人をご紹介!転職を考えた時、あなたは誰に相談しますか?僕も初めて転職をした時、いろんな人に相談しました。すると、相談すべき人と、しない方がいい人がいることに気づきました。経験から分かった7人をそれぞれご紹介します。...

相談する人に迷っていたら、以前書いたこちらの記事をご覧ください。
初めての転職でいろんな人に相談しまくった自分が、相談して良かったと思える人たちを7人に分けて紹介してあります。

もし、何かしらの参考になれば幸いです。

 

会社に関係する人には絶対相談しない!

現在勤めている会社に関係している人には、転職の相談をしないようにしましょう。
先ほど説明したように、転職を考えている時点で他の社員とは壁があります。
そして、よほどのことがない限り、再び会社や仕事が好きになることなどあり得ません。

敵を増やす結果になるくらいなら、相談しない方がマシです。
その後に辛い思いをするのは、間違いなくあなた自身に他なりません。
スムーズに次の会社に転職するためにも、不用意な行動は慎むべきです。

 

まとめ

もし、あの時の自分に会えるとしたら、僕はこう言います。
「転職の相談は人を選べ」と。
相談すべき人を間違えた結果、僕はたくさんの敵を抱えてしまいました。

自分の人生ですから、転職自体は何も悪いことではありません。
悪いことは、その辞めるまでの過程です。
この部分の差が、円満か地獄かを決めると僕は思います。

もし今、あなたが転職について悩んでいるのなら、誰に相談するかを考えてみてください。
それだけでも、どのように動くか行動が変わってくるはずです。
結論がでたら即行動しましょう。

迷っている暇などありません。
迷っているうちに時間はあっという間に過ぎていきます。
現状が変わることを恐れずに、自分を信じることを忘れないでください。

ABOUT ME
アキラ
はじめまして! 管理人のアキラです。 私の経歴を簡単に…… 新卒で入社した会社を10か月で辞めた後、数日間のホームレス生活をし、都内のシェアハウスに転がり込む。そこでのご縁を通じて面接をさせてもらった企業に就職し、日々修行中。 ブログは、これまで経験してきたなかで得られた知恵が、誰かの役に立てば良いなという想いで運営しています。 記事は転職や就活などのライフステージと、ライフスタイルに関する内容が多いです。 ご自身の気になる記事がありましたら、ぜひご覧ください。