ライフスタイル

中目黒在住の僕が教えます。第1回、中目黒の素敵なお店(ショップ)!

中目黒を流れる目黒川の景色

管理人のアキラです。
中目黒に住み始めて、早1年。
住んでいるうちに、たくさんの素敵なお店を知りました。

 

中目黒と聞いて皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「オシャレな街」「大人な街」など、どこか洗練されて近づきにくいイメージかと。
僕も初めはそう思っていましたが、住み始めて気づいたことは、中目黒は心地よい街ということ。

 

1年住んだことによって開拓できた、僕にとって大切な場所を少しずつ紹介しようと思います。
中目黒は緊張するような街ではありません。どなたでも楽しめるエリアです。
まずは記念すべき第1回として、少しずつご紹介します。

 

ゆっくりお茶でも 『カフェ&バー クーエクー』

中目黒から目黒川に出て池尻大橋方面にあるいて約8分。
駅から数えて6番目の橋、天神橋のほとりにあるのが『カフェ&バー クーエクー』です。
川沿いをプラプラ散歩がてらに一息つきたい時にオススメ。

 

ママの純子さんが、いつでも温かく迎え入れてくれます。
昔ながらの純喫茶は、開店から約25年弱とのこと。
カウンターやテーブル席から眺める目黒川の季節の移ろいが楽しめます。

珈琲は1杯400円。ダッチ方式で出す水出しアイス珈琲は450円で楽しめます。
ランチはオムライスやカレーライス、ハンバーグなど喫茶店らしい懐かしのメニューを楽しめます。お酒も飲めるので、気楽にママさんに尋ねてみてはいかがでしょうか?

写真はナポリタン(サラダ付きで700円)。プラス200円でコーヒーと食後のデザートが付きます。

 

中目黒に来た友人を連れていくことが多いのですが、みんな喜んでくれます。
中目黒の住民に愛され続けているこのお店で休憩してみませんか?
きっと有意義で落ち着いた時間になるはずですよ。

店舗DATA
『カフェ&バー クーエクー』
住所 東京都目黒区青葉台1-13-9 ※大きなクマのぬいぐるみが目印です。
TEL 03-3461-3358
定休日 月曜日ほか不定休
営業時間
火~土 12:00~15:00 19:00~23:00
日 12:00~18:00
定休日など、店舗に関する情報は以下のブログから⤵

http://j-jun.cocolog-nifty.com/

 

安くても絶品 『おにやんま 中目黒店』

正面改札を出て徒歩1分のところにあるのが、店内で打ちたて、茹でたての本場の讃岐うどんを食べさせてくれるのが、おにやんまです。
ランチの時間になると、行列ができるほど。店内で座って、ゆっくり食べられます。

店外の食券機から食券を購入してから中へ入ります。
お店の中に入って席取りはせず、受取口で待ちましょう。
すぐに美味しいうどんを作って出してくれるので安心です。

写真はぶっかけうどん(330円)。ほとんどのメニューが300円~500円台なので、財布にも優しいのが魅力。そして、隣にあるのが、とり天(120円)。これは必食です。
席に置いてある醤油をかけて食べるジューシーな味わいがたまりません。

 

平日なら朝は7時から、夜は11時まで。
スタイリッシュな空間で恋人と並んで食べるうどんも素敵だと思いませんか(笑)?
高いと思われる中目黒のランチも、おにやんまのように手頃で美味しいお店もたくさんあります。

店舗DATA
『おにやんま 中目黒店』
住所 東京都目黒区上目黒3-3-1
定休日 無し
営業時間
平日 7:00~23:00
土日祝 7:00~22:00
店舗の詳細情報は以下の食べログから⤵

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13199054/

 

メガネをアクセントに 『ベリーでナード!』

メガネが実用品の枠を超えて、ファッションにとって欠かせないアイテムとなった今、
普段用に、ファッションのアクセントに、個性派にオススメなショップがあります。
それが『ベリーでナード!』です。

福井の鯖江で作られたメガネなど、一見すると正統派なイメージがありますが、
他では珍しい形のサングラスや度付きのカラーレンズにも対応しており、そのメガネを使う人の目的に合わせて選べるのが魅力的です。

特に楽しいのは店主。とても明るく陽気で、一緒に話していると、こっちまで明るい気持ちにしてくれる素敵な方です。メガネに対する情熱や知識も豊富で、信頼できますよ。
まずはお店を訪ねて、店主に気軽に相談してみましょう。駅からは徒歩8分ほど。

 

店舗DATA
『ベリーでナード!』
住所 目黒区上目黒1-10-4
TEL 03-3464-7870
定休日 月曜(祝日の場合は、翌火曜日)
営業時間
12:00~19:00
店舗の詳細情報は以下の公式サイトから⤵

http://www.verynerd.com/

 

旅する古書店 『COWBOOKS』

駅から数えて5番目の橋、緑橋のほとりにあるのが『COWBOOKS』です。
ご存じの方も多いかもしれませんが、暮らしの手帳の編集長を務めた文筆家の松浦弥太郎さんとジェネラルリサーチの小林節正さんが、共同で立ち上げた古書店です。

店内には世界中の古書とオリジナルグッズなどが販売され、店内は温かみのある空間が広がります。
個人的なオススメが店外の文庫本の棚です。1冊300円から。
たまに掘り出し物も出てくるときがあるので、来店時には要チェック。

店内では、テイクアウトのカフェラテも楽しめ、店の外ではベンチでゆっくり休めます。
だんだんと暖かくなるこの季節。一休みして、本をめくるのも楽しみですよ。
店員さんの気遣いも心があたたまります。

店舗DATA
『COWBOOKS』
住所 東京都目黒区青葉台1-14-11
TEL 03-5459-1747
定休日 月曜
営業時間
12:00~20:00
店舗の詳細情報は以下の公式サイトから⤵

http://www.cowbooks.jp/

 

まとめ

第1回なので紹介はこのあたりで。
他にも紹介したい場所はたくさんあるのですが、第2回、3回と今後シリーズ化していきます。
どうぞお楽しみに!

 

ABOUT ME
アキラ
アキラ
管理人のアキラです。 サイトタイトルの『ライフスタイルマガジン』を雑誌だと間違えてしまった方は、ごめんなさい。 「人生とは一冊の雑誌のようなものだ」 サイトのタイトルを考えていた頃、ふとこんなことを思いました。 人にはそれぞれ、様々なライフスタイルがあり、就職や結婚などのライフステージがあります。それらから得た経験や情報をまとめてできあがるものは、まるで一冊の雑誌のようだと感じたのです。 ならば、自分のライフスタイルという情報を、ブログを通じていろんな方に届けられたらいいなという思いで、ライフスタイルマガジンという名前のサイトを作ることにしました。 読書やCDが好きなので、それらの紹介など、皆さんの暮らしをワンランク豊かにできるような情報を書いた記事。そして、これまでのライフステージで経験した話、気づきや学びなどを記事にして発信していこうと思います。 今までと変わらず、気まぐれにいろんなことを書いていこうと思います。 更新頻度はそこまで高くない?かもしれませんが、自分のペースで続けていこうと思います。 あなたの暮らしに、少しでも当サイトがお役に立てますように。 それでは、ライフスタイルマガジンをどうぞお楽しみください!