MENU
転職

一度の人生を無駄にするな!辞めたくなったら転職すべき5つの理由

「世の中の大半の人は、自分の仕事を好きではない」
これは僕の持論です。持論ではありますが、ほとんど事実なのかもしれません。
「好き」を仕事にして生きている人は少ないのではないでしょうか?

「会社を辞めたい」「仕事が辛い」
周りの友人は口々にそう言います。
でも、そんなことを言いながら転職する人はごく僅かです。

私たちは、1日の約3分の1の時間を働くことに使っています。
僕は「働くことは生きること」だと思っています。
だからこそ、自分が生きていることを実感できるように働かなければなりません。

自分の人生は1度きりです。そして、時間はどんどん進んでいきます。
「仕事が嫌になったら辞めるべき」理由をにまとめて、皆さんにお伝えします。
この記事が、今の仕事で悩んでいる方の力になることを祈って……

その仕事を二度と好きになれない

「辞めたい」
そう思ったら、あなたはもうその仕事を好きになれません。
まさか?と思う人もいることでしょう。残念ながら、これは事実です。

なぜなら、自分がその仕事を嫌になった理由を探し始めるようになるからです。
当然ながら、毎日の仕事も楽しいものではありません。会社に行くのも億劫になるくらいです。
モチベーションが上がらない以上、仕事に対しても虚しさしか感じないことでしょう。

自分を追い込みすぎて、鬱の状態になったり、自殺をしたりしてしまっては意味がありません。
自分が壊れる前に会社を辞めて、一度すべてをリセットしましょう。

カッコ悪い生き方をしてしまう

転職したいと思っている人の中で、カッコ悪い生き方をしている人がたくさんいます。
それが「辞める辞める詐欺」をしている人です。
「辞める!」と言って、いつまでも会社にいる。こんな人、あなたの近くにもいませんか?

そのようなことをしている人は、この先も会社を辞めることはありません。
「辞める」と言うことで、自分の存在意義を確認しているからです。
はっきり言って、ダサいしイタいです。

あなたならどうしますか?
そのような生き方を続けるか、新しい道を探すか。
答えはもう決まっているはずです。

会社ではなく自分に迷惑

辞める時に会社の迷惑は、そこまで考えなくて良いと思います。
言ってしまえば、あなたがいなくても会社は潰れないし、すぐに代わりが見つかります。
それができない会社は、いずれ無くなっていくので安心してください。

「自分の同期、上司、お客様に迷惑がかかるのかな?」と思うのはやめましょう。
こう思う人は、ほとんど優しい方ばかりです。
しかし、日本の会社は残念なことに優しい人が損をする場合が多いと思います。

自分の人生です。まずは、自分が幸せにならなければなりません。
自分が辛く悩んでいる時は、自分を大切にすべきだと思います。
だから、辞めたくなったら転職した方が気持ちの面では救われます。

自分を見つめなおすチャンス

退職後は自分の時間が増えます。
だからこそ、今の自分とこれからの自分を見つめ直すチャンスです。
いろんなことを考えられる機会になると思いますよ。

ただ、初めの頃は「嫌な会社を辞められた」という充実感を持ちつつ、これからの生活に不安を感じることがあるので、すぐに自分を見つめ直す必要もないと思います。
やっぱり、自分のペースが一番ですから。

会社の外に出なければ、気づかないことはたくさんあります。
「辞めたい」と思い始めたら、自分が壊れる前に現実逃避してしまうくらいが良いのです。
自分を追い込んで気持ちが塞がり、自殺するようなことは決してあってはならないのですから。

未来を選んだほうが変われる

「会社を辞めたい」「仕事がツライ」
と嘆く人たちは、今(現在)しか見えておらず、未来のことは考えられていません。
でも「未来のことを考えて今を行動すべき」だと、僕は思います。

人は過去の積み重ねで、今があります。
つまり、今を積み重ねることで未来が生まれます。
だから、今を嘆く人たちは結局、未来も同じ姿なのです。

自分が何一つ変われていないのですから。
そして、未来に対して何の選択もしていない今の結果が、未来の自分の姿です。
今が嫌なら、今を変えるしかない。僕はそう思います。

今の仕事が嫌なら、転職という手段を取り、新しい道を自分の力で切り拓くべきです。
今を変えることで、未来が変わっていきます。
それが、あなたにとってのベストな選択肢かどうかは、僕には分かりません。

ですが「未来を作るには今を変えるという方法しか無い」のです。
だからこそ、自分を信じて行動しましょう。
人生は一度きりなのですから……楽しまなければ損です。

まとめ

転職すべき理由を5つにまとめてお届けしました。
今の自分に仕事に悩んでいる人は、本当に多いと思います。
そういう状況になったからこそ、分かっておきたいことがあります。

それは「自分に目を向けているか?」ということ。
人は、自分が悪い状況に陥ると、周りに原因を見つけようとします。
「会社が悪い」「上司が悪い」などのように。

しかし、それでは何も変わりません。
変わるのは、あなたの評判が悪くなることくらいです。
だからこそ、今の自分に問いかける必要があるのです。

「本当にやりたいことは何か?」「自分はどうありたいか?」など。
一度きりの人生をどう生きるかは、あなた次第です。
転職してもいいし、今の嫌な仕事を続けたって誰も文句は言いません。

人生は選択の連続でできています。
選ぶことで人は変わっていきます。逆に選ばない人、選べない人は何も変わりません。
すべては自分自身です。僕は、そのきっかけになるために言葉を残しているだけなのです。

勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

ABOUT ME
アキラ
アキラ
管理人のアキラです。 サイトタイトルの『ライフスタイルマガジン』を雑誌だと間違えてしまった方は、ごめんなさい。 「人生とは一冊の雑誌のようなものだ」 サイトのタイトルを考えていた頃、ふとこんなことを思いました。 人にはそれぞれ、様々なライフスタイルがあり、就職や結婚などのライフステージがあります。それらから得た経験や情報をまとめてできあがるものは、まるで一冊の雑誌のようだと感じたのです。 ならば、自分のライフスタイルという情報を、ブログを通じていろんな方に届けられたらいいなという思いで、ライフスタイルマガジンという名前のサイトを作ることにしました。 読書やCDが好きなので、それらの紹介など、皆さんの暮らしをワンランク豊かにできるような情報を書いた記事。そして、これまでのライフステージで経験した話、気づきや学びなどを記事にして発信していこうと思います。 今までと変わらず、気まぐれにいろんなことを書いていこうと思います。 更新頻度はそこまで高くない?かもしれませんが、自分のペースで続けていこうと思います。 あなたの暮らしに、少しでも当サイトがお役に立てますように。 それでは、ライフスタイルマガジンをどうぞお楽しみください!