就活

就活生こそオーダースーツを買うべき5つの理由

スーツが並ぶ写真

「就活の前にはとりあえずリクルートスーツを買って」なんて思っている就活生の皆さん!
スーツなんてどれも一緒だなんて思っていませんか?
その勘違い、すぐに改めた方が良いかもしれません。

持論ですが、スーツは一着でも就活は戦えます。
問題はスーツの選び方。
就活生こそ、オーダースーツにチャレンジしましょう。

周りの就活生はリクスー(リクルートスーツ)ばかりなのに、オーダースーツをあえて選び、面接官に褒められ、当時第一希望の会社から内定を貰った僕が、オーダースーツで就活を戦う魅力を5つにしてお伝えします。

自分の体にジャストフィットする

オーダースーツの一番の魅力は、なんと言っても着心地の良さにあります。
ショップの店員さんに体の様々な部分を計測してもらい、それに合わせて作ったのだから当然かもしれませんが、どこかがキツイという心配はほとんどありません。

就活は説明会や面接を通じて、長時間にわたって歩きっぱなしだったり、座りっぱなしだったりします。
地味にそれはストレスとなり、一日が終わるとともに疲れとなって降り注ぎます。

就活期間中はスーツを一日中着用しているシーンも多いからこそ、着心地の良さやストレスフリーな状態にはこだわりたいものです。
その想いに応えるオーダースーツは、とにかく就活生の味方になってくれます。

見た目の違和感の無さ

就活生のほとんどに言えることは、スーツの着こなしが下手すぎるということ。
特にスーツの場合、ボタンを締めた時にパツパツになっている人もいますし、袖が長すぎてワイシャツが見えない、もしくはその逆で短くてワイシャツが見えすぎている人もいます。

「そんなこと気にする人なんているの?」
なんて、もしかしたら思うかもしれません。
僕が思うのは、就活に自分がどうという考えを持ち込むのは非常にナンセンスです。

確かに、スーツなんて着なくても就活はできます。
それは、僕が現在勤務している会社は私服通勤であり、社長の考え方も、仕事のできるできないにスーツは関係ないと仰っていたのを記憶しています。

就活は個性を出す場でもありますが、スーツの着こなしはあくまでベーシックが基本です。
誰が見ても違和感を覚えることの無い服装。
そのためにも、体にジャストフィットするオーダースーツがオススメなのです。

既製品には無い楽しさ

オーダースーツで最も楽しみなこと。
それは注文前にスタッフの方と、生地や細かいディティールを選ぶことです。
生地はもちろん、ボタンの色までを自分で選ぶことができます。

分からないことがあれば、ショップのスタッフに聞いてみてください。
彼らはいわば、スーツを知り尽くしたプロです。
就活生だろうと、あなたに親身になって一着のスーツを作り上げてくれるはずです。

自分の自信につながる

特に何のこだわりもなく、大手のスーツ屋さんに出向いて買ったリクスーより、自分で足を運び、こだわりを持って選んだオーダースーツのほうが大切に着るような気がします。
そして、それは段々と体に馴染み、より品を持つようになります。

誰が見てもカッコいい着こなしができると、自分に自信がつくようになります。
自分が魅力ある人に思えてくるので、堂々と自分をアピールすることができるのです。

入社した後も使える

リクスーのデメリットは、就活でしか使えないことです。
前職の会社の同期で、入社後もリクスーを来て仕事していたヤツがいましたが、上司に叱られてスーツを買いに行くはめになっていました笑。

その点、就活時代からオーダースーツを買っておけば、入社とともにそのまま使えますし、長持ちします。
なによりコスパの良さが、オーダースーツの魅力です。

まとめ

オーダースーツと聞くと、高いのでは??とためらうこともあるかもしれません。
ですが、2~3万円台で仕立ててくれるメーカーも増えていますし、そこまで敷居が高いものでもなくなりました。

就活におけるスーツは、単なるユニフォームではなく、自分を着飾る鎧のようなものです。
どうせなら、自分を守るような鎧を揃えましょう。
そのためにも、リクスーよりオーダースーツでカッコよくなることをオススメします!

ABOUT ME
アキラ
はじめまして! 管理人のアキラです。 私の経歴を簡単に…… 新卒で入社した会社を10か月で辞めた後、数日間のホームレス生活をし、都内のシェアハウスに転がり込む。そこでのご縁を通じて面接をさせてもらった企業に就職し、日々修行中。 ブログは、これまで経験してきたなかで得られた知恵が、誰かの役に立てば良いなという想いで運営しています。 記事は転職や就活などのライフステージと、ライフスタイルに関する内容が多いです。 ご自身の気になる記事がありましたら、ぜひご覧ください。