転職

『サラリーマンは副業をするべき』が実は勘違いな7つの理由

副業の勘違いを伝える記事の画像

最近、様々な企業や国会でも取り上げられ、話題になっているのが『副業』
大手企業が推奨したり、条件付きですが地方公務員でも解禁されたりしています。
副業に関するビジネス書やニュースも、少しずつですが増えています。

しかし、副業は本当にするべきなのでしょうか?
サラリーマンを中心にクローズアップされているトピックですが、実際のところどうなのでしょう?

そういう僕も、たまに副業をしている一人でもあります。
実際に副業をしている側の視点から、サラリーマンが勘違いしている副業のあり方について、皆さんに伝えていきたいと思います。

 

目的の無い副業をする人の多さ

副業をしたいと言う方は、何を目的にしているのかを今一度考えてみてください。
特に多いのは『お金』に関する理由ではないでしょうか?
もし、お金を理由に副業をするのであれば、僕はオススメできません。

「今の給料が安い」「生活が苦しい」
お金が絡む不満は嫌というほどたくさんでてきます。
しかし、全てが正しいということはあり得ません。

もしかすると、仕事の頑張りが足りず評価されていないだけかもしれませんし、生活が苦しいのは無駄遣いが多いからかもしれない。
不満のベクトルが外に向いている方は、本当の原因に気づけていない場合がほとんどです。

まずは自分に目を向けて、行動や思考を振り返る方が大切だと思います。
そのうえで本当に必要だと思えば、副業にチャレンジするのもありです。
目的の無い副業は、ただの時間の浪費にしかなりません。

ポイント

目的が無い副業はしない

 

本業はちゃんとできている?

副業をするにあたって最も怖いこと、それは『本業がおざなりになる』ことです。
先の見出しで、目的がある副業はしてもいいかもと言いました。
ですが、それは本業あってこその副業です。

僕は、副業が本業を上回ることはあってはならないと考えています。
それは労力や稼いだ金額もそうですが、副業が本業よりも本業になってしまうのならば、今の本業を過去のことにして、副業を本業にするべきだと思います。

なぜなら、今の本業はクソで、副業こそが最高のモノという不思議な理論を展開している方が、ネットやツイッターの世界に溢れているからです。
そういう方を詳しく見て、調べてみてください。

自分の本業について語っている方が少ないことに気づくはずです。
それは本当に正しいのでしょうか?
僕は、正しいとは思えません。

本業で稼げない人が、副業で稼げるとは思えないのです。
結局どちらも中途半端になり、またいろんな不満が出てくるだけだと思います。
そんな状況で副業をすること自体、何の意味もないのです。

ポイント

副業の前に本業を極めるべき

 

就業規則の問題

会社に属している以上、会社のルールである就業規則があるはずです。
そこには、副業についてどう書かれているのでしょうか?
まだまだ禁止している企業のほうが多いと思います。

それでも「バレないから」と、副業を隠れてしている人は大勢います。
しかし、それはハイリスクハイリターンな行為なのです。
もし、見つかることがあれば最悪の場合、クビになるケースも。

そうなった時、副業にしていることを本業にできるかどうかが、ひとつのポイントではないでしょうか>
もし、それができずにコソコソと副業をしているのであれば、辞めたほうが良いと思います。
何が起こるか分からないからこそ、誰かに見られているかもという意識を持たなければなりません。

ルールに従う前提で入社しているのですから、就業規則に従いましょう。
『郷に入っては郷に従え』
昔の人は、本当にうまいことを言ったものです。

ポイント

見られている意識を持つ

 

自分を犠牲にするだけの副業をしがち

副業で多いのが、やはり肉体を使う系の仕事ではないでしょうか?
こうしたブログですとかYoutuberなんていう選択肢もありますけど、実際に取り組む人は少ないと思います。

なぜか?
それは、みんな『稼いだ』という実感が欲しいからです。
例えば時給1000円の仕事を副業にしたとします。

仕事をした時間×1000円が収入になりますから、手元にはお金という成果が残ります。
反対に失うモノもあります。
それが『時間』です。

土日休みのどちらかで、副業として8時間の労働をすれば、1か月で32000円を手にしますが、反対に32時間の時間を失っています。
その32時間でできることを考えるべきではないでしょうか?

自分の命である時間を使ってでも、その副業に価値があるかどうかで見方が変わります。
もし、価値がないのであれば、すぐに考え直してください。
単なる時間の浪費になっていて、命の無駄遣いをしているだけになってしまいます。

ポイント

副業の何に価値を見出すか?

 

副業の結果得られるモノは何か?

副業で得られるモノは、はたしてお金だけでしょうか?
僕は、お金以外の結果や価値を重視しています。
言い方を変えれば、お金を目的とした副業は意味が無いと思っています。

例えばブログ。正直な話、書けばお金が入るという約束はありません。
でも、それ以上に得られるモノがあります。
それが文章スキルです。(他にもありますが、今回は限定します)

僕は年齢に関係なく、文章を書ける力は必要だと思っています。
自分の言いたいことや思っていることを、文章として正しく言葉を紡いでいくことは、生涯にわたって使えるスキルです。

実際のところ、文章を書けない大人はたくさんいます。
そんな状況で自分が文章スキルを持っていれば、それだけで価値が上がります。
誰かから褒められたり、評価が上がったりするかもしれません。

それでもやらないのは、書くことに価値を感じる人が少ないからです。
人間ですから、自分のできることには限りがあります。
だからこそ、得られるモノを考えて行動することが大切になるのです。

ポイント

副業で得られる結果は何か?

 

疲れが出ている

副業をしている人の多くは、なぜか疲れています。
不思議ですよね?
『副』という言葉が付くからには、そこがメインではないはずなのに。

精神的・肉体的に疲れが取れていないのに、本業に取りかからなければならなくなっているのです。
しかし、それでは何の意味もありません。

心も体もフレッシュな状態でなければ、ストレスにより不満が出てくるだけです。
本業にも副業にも集中できず、「自分は何もできない」と自己嫌悪になるかもしれません。
世の中には、そんな副業サラリーマンで溢れているという現実があります。

休日が何のためにあるのかを考えましょう。
決して、副業をするためだけに設けられた日ではないはずです。
それが分かっていないままの副業は、自分を壊すだけです。

ポイント

副業で疲れてはいけない

 

自分を変えようとしていない

副業をする人のほとんどが、環境を変えることばかり考えています。
口を開けば、マイナスな言葉ばかり。
それ以上に大切なことが、今の自分を変えることです。

「お金が欲しい」「今の会社ではやっていけない」
これらの欲望や不満は、環境への言い訳からきています。
現実から目を背ければ、確かに環境は変えられるかもしれません。

しかし、今の自分を変えることはできないのです。
だからこそ、副業で得られる価値を考えることは大切ですし、それが自分のためになっているかどうかも重要なのです。

自分が変われば未来が変わります。
それが良いか悪いかは自分の選択なので、自己責任にはなりますが、少しでも良くなるように行動していくべきなのだと、僕は思います。

ポイント

今の自分を変える

 

まとめ

今回は副業にスポットをあてて、勘違いしがちなことを7つに分けてお伝えしました。
副業をしたい方は、実際に増えていると思います。。
それは、決して悪いことではありません。

今とは違う世界を知ることも大切なことです。
単に副業をしたいからという理由でスタートすれば、必ず今回の勘違いを引き起こすことでしょう。

だからこそ、自分に目を向けて考えることが大切です。
自分の命を犠牲にするのではなく、大切に使っていきましょう。
次回は、オススメの副業についてでも書いてみようと思います。

ABOUT ME
アキラ
はじめまして! 管理人のアキラです。 私の経歴を簡単に…… 新卒で入社した会社を10か月で辞めた後、数日間のホームレス生活をし、都内のシェアハウスに転がり込む。そこでのご縁を通じて面接をさせてもらった企業に就職し、日々修行中。 ブログは、これまで経験してきたなかで得られた知恵が、誰かの役に立てば良いなという想いで運営しています。 記事は転職や就活などのライフステージと、ライフスタイルに関する内容が多いです。 ご自身の気になる記事がありましたら、ぜひご覧ください。