メッセージ

歯医者は昔よりも、きっと怖くないはず。一歩を踏み出して、歯を健康に。

歯医者が好きな人はいますか?おそらく少ないですよね。どちらかと言えば、歯医者が嫌いという人のほうが多いことでしょう。僕もその一人でした。歯医者のイメージは「痛い」「歯を削る音が怖い」「何となく病院自体が薄暗い」そう思っていました。

 

私は今、医療系のホームページをメインで制作する会社に勤務しています。その中でも、歯医者さんのお客さまが多いのですが、歯のことを学ぶ機会が増えて、段々と自分のお口の状態が不安になっていました。

 

おそらく5~6年ぶりに歯医者に勇気を出していったはずです。なので今日は、歯医者さんに行った時のことや歯の大切さについて触れていこうと思います。

 

・僕が5~6年ぶりに歯医者に足を運んだ理由

先に述べた通り、歯のことを深く知るようになって危機感を覚えたからです。特にインプラントの写真なんか衝撃です。だって、自分の顎の骨に小さいとはいえ、チタン製の硬い器具を埋め込むのですから……

 

その頃は入社したばかり。お酒の業界から、ITを中心として医療業界に関わる世界に移ったばかりで、歯のことなんか知らないことばかりでした。だからこそ、より不安になったのだと思います。

 

・勇気を出して歯医者に(最初の驚き)

噂によると、全国のコンビニを合わせた数より歯医者さんのほうが多く存在しているそうです。確かに、会社の近くにある歯医者さんをグーグルマップで調べたとき、その数の多さに驚きました。コンビニと比較して歯医者さんを検索したのですが、マップ上がびっしりと歯医者さんで埋まるくらいです(笑)。

 

歯医者さんを予約した当日、僕はとても緊張していました。「虫歯だらけだったらどうしよう」「痛かったらどうしよう」そんなことばかり思っていました。歯医者さんの扉を開けて、僕は驚きました。

 

歯医者といえば、学校の廊下のように冷たくて、医院全体が暗いイメージを僕は持っていました。でも、その歯医者さんはまるでホテルのように間接照明がキレイな院内と、受付の女性もとてもキレイな医院でした(笑)。

 

・え?歯医者って痛くないところなの?

2回ほど通い、歯を綺麗にしたあと、本格的に治療をすることになりました。先生からは麻酔をするとのこと。歯茎にする麻酔といえば、痛いイメージしかなかったので、僕はずっと身構えて、体を堅くしていました。

 

でも、痛みというのは全くなく、気がつくと、刺したであろう場所の感覚が無くなってきたので、麻酔が効いてきたことが分かりました。今は、痛くないよう注射針がとても細くなっていたり、麻酔液を人肌に温めて、感覚を近くさせたりしているそうです。

 

・静かで快適な治療

歯を削るときは、ドリルの「フィィィ~~ン」という音や振動が「ガガガ、ゴゴゴ」と伝わるものだと思っていました。でも、今の治療器具はとても進化していて、音や振動が少なく、歯医者を怖がらないための工夫がされていることを後に知るのでした。

 

治療を受ける席の前にはテレビが付いていて、ディズニー系の映画をやっていました。これも歯医者嫌いにならないための仕掛けですよね。退屈にならないようにするために敢えてやっているのでしょうから。

 

・歯の健康に気を付けるようになった僕の暮らし

それまでの僕は、歯みがきを朝起きて1回、寝る前に1回の1日に2回しか磨いていませんでした。結果、歯茎がブヨブヨしている歯肉炎という診断をされてしまいました。その先は歯周病です。30歳以上の8割がそれといわれる時代ですから、今から歯の健康に気をつけねばなりません。

 

それからの僕は、毎食後と起床時と寝る前の合わせて5回近く歯みがきをするようになりました。加えて歯間ブラシも使うようになりました。歯を磨いているのに、歯と歯の間にはこんなに汚れが溜まっていることに驚かされます。

 

・歯の健康は取り戻せる

丁寧に歯を磨いていると、磨き方のコツが段々分かってきます。僕もコツを掴んでから1か月が経った頃、歯科衛生士さんから歯茎が引き締まってきて、ピンク色になってきている、と言われました。

 

きちんと手入れをすれば、歯の健康はきっと取り戻せると思っています。
手遅れにならないうちに、早め早めの対策をしましょう。
歯医者さんは、きっとあの頃よりも快適なところになっているはずです。

 

 

ABOUT ME
アキラ
アキラ
管理人のアキラです。 サイトタイトルの『ライフスタイルマガジン』を雑誌だと間違えてしまった方は、ごめんなさい。 「人生とは一冊の雑誌のようなものだ」 サイトのタイトルを考えていた頃、ふとこんなことを思いました。 人にはそれぞれ、様々なライフスタイルがあり、就職や結婚などのライフステージがあります。それらから得た経験や情報をまとめてできあがるものは、まるで一冊の雑誌のようだと感じたのです。 ならば、自分のライフスタイルという情報を、ブログを通じていろんな方に届けられたらいいなという思いで、ライフスタイルマガジンという名前のサイトを作ることにしました。 読書やCDが好きなので、それらの紹介など、皆さんの暮らしをワンランク豊かにできるような情報を書いた記事。そして、これまでのライフステージで経験した話、気づきや学びなどを記事にして発信していこうと思います。 今までと変わらず、気まぐれにいろんなことを書いていこうと思います。 更新頻度はそこまで高くない?かもしれませんが、自分のペースで続けていこうと思います。 あなたの暮らしに、少しでも当サイトがお役に立てますように。 それでは、ライフスタイルマガジンをどうぞお楽しみください!