転職

僕の選択は間違っていなかった!会社を辞めてから1年経って思うこと

まず、タイトルについて皆さんに謝らなくてはなりません。
『僕の選択肢は間違っていなかった!会社を辞めてから1年経って思うこと』
というタイトルですが、現時点の僕は独立をして自分のビジネスをしている訳ではありません。

 

今は別の会社で仕事をしています。ただ、辞め方が特殊だったのです。
僕は新卒で入社した会社を10か月、約1年で辞めてしまいました。
ちょうど、それから1年が経ったということです。

 

前職から1年が経って、僕もいろんな経験ができました。
その経験から得た学びを書いていこうと思います。

 

学び1 成長は自分自身でつかみ取るしかない

最近、興味深いニュースを見ました。これ⤵です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000102-kyodonews-soci

新卒の学生が入社の決め手にしていることは「自分の成長」らしいです。
自分の成長を別の言葉で置き換えると「やりがい」でしょうか。
でも、自分の成長が入社の決め手という考え方、不思議に思いませんか?

 

入社の決め手とは「会社に期待している何か」ですよね?
それが、最近の学生は自分の成長らしいんです。でも、僕はこう思います。
「自分自身の成長は会社で期待できない」

 

会社という手段を使って、自分のできる仕事を増やす。力をつける。
このような考え方なら理解はできます。しかし、会社に依存するという考え方は好きになれません。
僕自身も、前職では会社に相当依存していたような気がします。

 

「自分が成長できないのは会社が悪いから」と、僕は辞めてからも思っていました。
でも、それが間違いだと気が付いたのです。社会人一年目ができる仕事なんてたかが知れています。
だからこそ、もっと様々なことにチャレンジすべきだったのです。

 

自分から動き、できることを増やすことが「自分の価値を高めるコツ」だと思います。
自分の価値を高めた後に会社に残り続ける、独立して自分のビジネスを持つなど、
様々な選択肢が生まれてきて、さらに自分を成長させることができるのではないでしょうか?

 

学び2 自分の理想より、その仕事を好きになれるかどうか

自分の理想を語り続ける人は、どこかで必ず「仕事を辞めたい」と言い出します。
また、理想だけで仕事を変える人は、仕事に就いては辞めてを続けることでしょう。
なぜか?それは、目の前の仕事を夢中になるくらい好きになれていないからです。

 

夢物語に理想ばかり語っている人より、目の前のことに一生懸命に取り組んでいる人のほうが、
輝いて見えます。そして、強く見えます。
まずは、自分の仕事を好きになることが成長には必要なのでしょう。

 

だから、仕事を辞めたいと思っている人は、一度このように考えてほしいです。
「自分はこの仕事をこれからも好きでいられるか?」と。
まぁ、仕事を辞めたいと思っている時点で、もう好きになることは無いんですけどね笑

 

学び3 仕事を辞めるなら次を決めてから

転職をしたいと思っている人に伝えることは、ただ一つ。
「次(転職先)を決めてから、退職すること」
会社の迷惑より、自分が大変なことになります。

 

あと、会社員がニートになって楽しいのは一週間くらいです。
不思議なことに、働かないことは、それはそれで辛いものです。
つまり、その仕事が嫌いなだけで、働くことが嫌いな人ってそこまで多くないと思います。

 

スムーズに次の職場に移れるように、決めてから退職願を出すようにしましょう。
僕はニートの期間が4か月ほどありましたが、それはそれで良い経験だったと思います。
学生という立場以外で、アルバイトをする機会に恵まれたのですから。

 

学び4 運も実力のうち

スピリチュアルな話になりそうですが……世の中には2つのタイプの人がいます。
「運が良い人」と「運が悪い人」です。この両者の違いは何か?
それは「思考」です。

 

運が良いと思っている人には、良い運が巡ってきます。
反対に、運が悪いと思っている人は、運がどんどん悪くなっていきます。
不思議ですが、本当にこうなっています。思考が行動に結びついているからかもしれません。

 

多少は無理をしてでも「自分は運が良いんだ」と思っているくらいがちょうど良いです。
ですが、運が良いからといって、調子に乗ってはいけません。
運を他の誰かに分け与えることも大切なのだと気づきました。

 

学び5 誰と働くか?

「誰と働くか」という問題は、仕事をしていくうえで避けては通れないのではないでしょうか?
正直、人と触れ合うことの無い仕事なんてほとんどありません。
でも、人間関係が嫌で仕事を変えていては、それも無限ループに陥ってしまうことでしょう。

 

だからこそ、妥協と運が必要なんだと思います。
幸い、僕は上司にも恵まれることができ、毎日の仕事が楽しいと思えています。
皆さんは、同僚や上司を大切な人と思えることはできていますか?

 

学び6 必要以上に同期と時間を共にしない

大切な存在かもしれない同期ですが、時間を共にし続けると3つのモノを失います。
それが「時間」「お金」「運」です。
一つずつ説明します。

 

「時間」を失う原因は、なぜか親友感覚で飲み会や遊びに誘ってくるからです。
付き合いという考えで誘いを受け入れていると、自分の休日がいつの間にか終わってしまいます。
別に僕が冷たいヤツということではなく、お仲間ごっこをしたくないだけです。

 

「お金」を失う原因は、上に近いですが、何かとお金に絡む誘いごとが増えるからです。
仮に月に2回、飲み会に参加するとしましょう。1回の予算は4,000円として、月に8,000円の出費。
年間を通せば、約10万円。そのお金でもっと、別の有意義なことに使えそうだと思いませんか?

 

「運」を失う原因は、自然と同期同士が集まると、愚痴ばかりの話になるからです。
環境を言い訳にして自分自身が変われない人は、いつまで経っても成長できません。
そんな人たちの集まりは、不運のオーラしかないですし、自分にも移ってきそうです。

 

だから、同期はある程度距離を保った関係でいるくらいがちょうど良いのだと思います。
現在の僕が所属している会社に同い年はいません。ある意味、気楽です。
前職の経験上、同期なんて結局は他人に過ぎないのですから。友情なんてありません。

 

学び7 辞めるなら一歩を踏み出すべき

会社を辞めると言っていつまでも辞めない「辞める詐欺」をする人はたくさんいます。
では、なぜ彼らは辞めないのでしょう?
それは、今の生活が壊れることに対する恐怖心があるからです。

 

「今の収入が安定してから」「貯金ができてから」などと、言い訳をします。
単純に辞めた後のことを考えるのが怖いだけの人が、辞める詐欺をし続けています。
現状を変えたいと本気で思う人は、その選択肢が正しいかどうかを抜きにして、踏み出しています

 

辞めたいと思っている以上、仕事に対して再びやる気が芽生えることなど、ほとんどありません。
なら、答えは自分自身で現状を変えることしか無いと思うのです。
今のところにいても不満だらけなら、自分から会社という箱を飛び出さなければいけないですよね。

 

最後に僕が伝えたいこと

とりとめもないことをまとめましたが、僕が最後に伝えたいことがあります。
それは「自分自身を苦しめてはいけない」ということ。
みんな我慢しすぎなんだと思います。

 

仕事や人間関係に疲れてしまったなら、それをリセットしたっていいじゃないですか。
「誰かに迷惑をかけるかも……」という優しい心を持っていたとしても、自分が辛くなってしまえば、心が曇ってしまいます。

 

自分以外の人生を生きれる人などいません自分の人生は自分次第
少し力を抜いて、自由に物事を考えてみてはいかがでしょうか?
仕事を辞めたといって、死ぬわけではありません。

 

と書きつつ、僕も辞めた当時は路頭に迷っていました。
ホームレスになりかけて公園で寝ていたことも、お金が無くて水で空腹をみたしていたことも忘れません。でも、そこから元通り以上に立ち直ることができました。

 

僕は、前の会社を辞めるとき人事部長に「一生後悔することになるぞ」と言われたことがあります。
でも正直な話、仕事にやる気が無くて、毎日が退屈だったあの頃より今の方が楽しいですし、後悔していません。辞めた後にできた経験が、自分の成長に繋がったからです。

 

僕は成功に向けてこれからも進み続けます。
自分を変えるためには、環境を頼りにするのではなく、自分自身が変わらなければなりません
だからこそ、一歩を踏み出しましょう。やって分かること、見える景色がたくさんありますよ。

 

ABOUT ME
アキラ
アキラ
管理人のアキラです。 サイトタイトルの『ライフスタイルマガジン』を雑誌だと間違えてしまった方は、ごめんなさい。 「人生とは一冊の雑誌のようなものだ」 サイトのタイトルを考えていた頃、ふとこんなことを思いました。 人にはそれぞれ、様々なライフスタイルがあり、就職や結婚などのライフステージがあります。それらから得た経験や情報をまとめてできあがるものは、まるで一冊の雑誌のようだと感じたのです。 ならば、自分のライフスタイルという情報を、ブログを通じていろんな方に届けられたらいいなという思いで、ライフスタイルマガジンという名前のサイトを作ることにしました。 読書やCDが好きなので、それらの紹介など、皆さんの暮らしをワンランク豊かにできるような情報を書いた記事。そして、これまでのライフステージで経験した話、気づきや学びなどを記事にして発信していこうと思います。 今までと変わらず、気まぐれにいろんなことを書いていこうと思います。 更新頻度はそこまで高くない?かもしれませんが、自分のペースで続けていこうと思います。 あなたの暮らしに、少しでも当サイトがお役に立てますように。 それでは、ライフスタイルマガジンをどうぞお楽しみください!